スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒運転による死亡事故 被告に死刑判決

 酒運転死亡事故(2008年12月14日事故発生、4名死亡1名重症)の審理で
2009年7月23日の一審判決で死刑が宣告され、2009年9月4日から、
四川省の高等裁判所で被告:孙伟铭(30歳)の第二審理がおこなわれました。


CIMG1107.jpg
               法廷内の状況

 全国から報道陣が成都の報道局に集まり裁判を見守りました。
傍聴席に制限がありましたが、社会的関心・影響が大きなため、
傍聴会場を設置しモニターにて裁判の状況を流す方式を採用しました。

 最大の関心は一審の死刑判決が二審で改められるかどうかです。
被告の「無免許での飲酒運転という状況に加え、事故の直前に追突事故を起こし、
相手の追尾を逃れるために危険な高速走行をした結果の事故」ということもあり
重刑が科せられるのは必至でしたが、暴力的な性格ではなくボランティアや寄付などにも参加していた青年だということで、
「死刑は極端ではないか?」との弁護側の陳述もありました。
被害者の親族3家族は全て出席し傍聴しました。


CIMG1105.jpg
      一審で死刑判決の宣告を受けた被告:孙伟铭(30歳)


 被害者親族の中でも一審の判決について賛否が分かれ、
最終的に両親を失った被害者の1人(张志宇)が死刑判決を強く訴えている為、
二審でも死刑判決が下される可能性があります。最終判決は来週になります。

 2002年から「被害者の親族の意向」が判決に強い影響を与えるようになりました。


CIMG1102.jpg
       両親を失い死刑判決を強く訴える张志宇
 

 確かに飲酒運転が引き起こす人身事故の犠牲者・親族にとってみれば、
酌量の余地がない感情が沸き上がるのは否めませんが、
交通事故は車両を運転する人には常に付きまとうリスクなので、
飲酒運転>死亡事故>犠牲者親族の強い死刑判決希望>死刑判決 
という流れはあまり賛成できません。

 中国では飲酒運転の取り締まり強化が始まっています。「飲酒運転」が悪いという意識がとても薄く、現実に取り締まり始めたのは2か月ほど前からのことなので、
中国のツイッターによってはいわゆる「見せしめ」だという意見も出ています。

スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

上海で新築13階建てアパートが倒れる

 
 2009年6月27日午前5時30分ごろ、上海闵行区莲花南路近罗阳路 「莲花河畔景苑」 小区にて13階建ての新築アパート全体が倒れる事故があり工事関係者一人が死亡しました。幸い落成・居住にいたる段階前だった為住民の死亡者・負傷者はありませんでした。

shigudidian.jpg

 中国はテレビのニュース番組が少ないうえ、ほとんどが文化・国家・経済活動に充てられる為、このようなマイナス面を報道する機会が少ない。上海电视台(上海テレビ局)ではほとんど報道されておらず、総合ニュース番組で15秒ほどで紹介されるのみ。テレビのニュースから詳細を把握できる可能性はないので、基本的には新聞・ネットで調べるしかない。(ネットでは主観的な記事も多いため正確な情報は入手しにくいです)

daota2.jpg
凤凰网から

 現在、上海市による調査・現場検証中ですが、現段階で専門家・関係者・同業者などからいくつかの可能性が挙げられています。

 1:施工会社の偷工减料(建築材料・手順をごまかす手抜き建築)

 2:地下駐車場の堀過ぎ
   今回倒れたアパートの南側の地下には地下駐車場を建設中で、周囲の洪水・増水防止壁に使用する残土はすべて地下から掘り出した土だった為、建物の片方の基礎が不安定になったのではないか?

 3:洪水・増水防止壁の重量が重すぎて地盤沈下

 4:アパートの基礎施工に問題があった
   今回の事故現場は流砂(河川の底・周囲の堆積する砂)が上海の重点地区に該当していた為、頑丈な基礎施工を施さないと建物が傾く現象が現れやすい。

daota.jpg
凤凰网から 


 今回の小区(集合住宅区画・団地)ではすでに489室の部屋が販売・契約されており、2010年5月に居住開始の予定でした。上海は国際貿易都市としてはもちろん2010年5月開催の上海万博重要などで不動産は常に高騰を続けており、今回の物件では18,000人民元/m2(約270,000円/m2)まで高騰しています。

 今回の事故発生後、団地の所有者たち・倒れたアパートの部屋主たちはキャンセルを不動産・仲介に要求するため殺到しているが、契約条項の保障内容が曖昧な上、事故の責任問題などから上海市の調査後説明会を開き、賠償問題・その他の建物の安全性を保証する見通し。


テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

鲁迅(lu xun)の記事から

 鲁迅(lu xun、日本名:魯迅 ろじん)の記事から(作者文摘 法治2009年3月13日)

 lu xun

 魯迅(Wikipedia)

 鲁迅は中国近代史上傑出した文学者であり、また思想家・革命家ですが、鲁迅の死後30年来、肖像権をめぐり鲁迅の息子・周海婴や孫・周令飞が次々と訴訟に巻き込まれているようです。

 鲁迅がこの世を去ってから数年後、鲁迅本人の名前・肖像からさらには作品の中に書かれた人物・地名まで富を得ているようで、咸享酒店・鲁镇茶座・百草园饭店・阿Q酒家などなどが绍兴市で次々に登場している。地元の工商局によれば鲁迅の作品の中の人物・地名を使った企業名や商標は300件を超えているという。

 数々の訴訟は司法界に重要視されるようになり、2001年3月10日に中国最高裁が「国民が亡くなった後、その姓名・肖像・名誉・栄誉・プライベート・遺体などの人権が違法に侵害されたことにより、親族に精神的苦痛が生じた場合は賠償責任を法廷に申請することができる」と肖像権侵害によるいくつかの精神損害賠償責任をまとめ、死者姓名肖像権など財産権として親族の保有する権利を中国で初めて定義した。

 周海婴は「国家または公用公益事業による使用なら鲁迅の親族として賛成するが、営利目的事業で使用する場合は(教育も営利産業に値するので、私立学校の場合なども)私たち鲁迅親族の合意を得る必要がある」との立場を表明している。
 
 
  1996年11月

  浙江省の郵便局が政策した鲁迅纯金邮票珍藏折といういわる自称純金鲁迅記念切手帳を一冊1115元で販売した際、周海婴が全国で初めて亡くなった人の著作権侵害裁判として起訴した。当時の法律条文には「亡くなった人にはいかなる権利も発生しない」と記載されていたので、浙江省高等裁判所が最高裁判所に指示を仰いだところ、最高裁の返答は「法律上の相続意義とは国民が死亡後残した財産・財産権利の相続にあたり、肖像権とは人格権に当たるので財産権には触れていない。つまり相続権の範疇にないので相続はできない。侮辱をするなどして死亡者の肖像・名誉に損害を与えた場合は親族は起訴をすることができる。周海婴の要求する肖像権の相続は法律上の根拠がないので認められない。」との内容で、郵便局に切手帳を5冊周海婴にプレゼントする様、和解案?を言い渡した。

  
  2000年8月

  绍兴市の旅行用品店が935元の高値で鲁迅の金の肖像入りガラス筆立てを販売したことが、鲁迅の肖像権侵害に当たるとして周海婴が起訴、浙江省绍兴市中級裁判が開かれた。約4ヶ月後に法廷の元協議が合意に達した。合意内容は「被告人は以後、在庫品を販売してはならない、原告への謝罪と1.5万元の損害を支払うこと」というはっきりしない勝訴となった。


  2001年7月
 
  杭州华立外語学校(私立)が绍兴市に分校として「鲁迅外語学校」を設立したことが肖像権侵害に当たるとして周海婴が起訴。2001年9月、绍兴中級裁判所の判決によると「国民には肖像権があり、姓名に基ずいた人格利益などは法律によって保護されている。他人による不法使用により人格利益が侵害された場合は法廷に民事訴訟を請求し、賠償責任を追及することができるが、今回の案件は被告が绍兴県教育委員会の承認を得て姓名使用権を取得していること、鲁迅の姓名を文化教育事業に使用していることから、公正な使用だと言える。よって原告の訴訟は法により支持されるものではない」との判決文だった。
 激怒した周海婴は最高裁へ上告、浙江省最高裁は原告・被告双方の和解案として、
「鲁迅外語学校は継続して鲁迅の姓名を使用することができる、周海婴を名誉校長として迎え特別手当として毎年5万元を収めること」との判決を下した。

 
  2001年10月
  
  2000年に鲁迅の孫にあたる周令飞が鲁迅公司の設立を商工会に承認を求めたところ却下された為、非営利組織として上海鲁迅文化発展中心を設立。この組織の運営費用の補填として、黄酒製造会社の古越龙山公司と提携、鲁迅酒を製造し、台湾・日本にて酒類商標登録・承認を経て正式に市場に売り出し、その後中国国内でも承認をへて市場へ売り出しその利益を充てた。しかし2001年10月に中国国家商標局から「鲁迅は我が国の傑出した思想家・革命家である、商業活動としての使用は禁止されている」との見解から商標を剥奪された。その後の国家商標審議委員会への再度登録申請も却下された。しかし鲁迅酒に「正式承認商標」と表示できないだけで、正常な製造販売業務に影響はなかった。その後、古越龙山公司は周令飞との契約期間後は契約を更新せず、古越龙山公司のみで製造販売を続け、浙江省・上海などでも大量に市場に出ていた事から、周令飞が古越龙山公司を起訴した。上海市第二中級法廷は原告・被告の主管の下、合意に達し「被告は原告に肖像権使用料として3万元支払うこと、今後は製造を停止すること、鲁迅の姓名が入った酒類の販売を禁ずること」との判決へと至った。  

      魯迅関連書籍検索 

 

 中国語の原文は難易度が高いので初・中級者にはお勧めできません。


テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

チャウシンチー

 
周星驰(チャウシンチー)の記事から  (新闻晨报2009年3月20日) 
P1080632.jpg  



   周星驰引退しろバッシング”に対する周星驰の声明

 香港娯楽界の重要人物、中国星副主席向太(陈岚)が先日 “明报周刊” の取材を受け入れた時の注目発言: 「周星驰はとても賢いが、あまりにも付き合いにくい奴だ。」とのコメントを発表し、さらに「以後は絶対映画撮影で彼を起用しない。」とも発表した。その後の“周星驰追い込め運動”は次から次へと巻き起こり、かつて協力し合った数多くの映画仲間たちも昔のもつれやもめごとなどの話をむし返した。
 
 この騒ぎの中、ずっと態度表明を拒んできた周星驰だが、昨日沈黙を破り、経営陣サイド魏达森を通し 「香港映画界の一部の人間は優れた作品に対する尊重が欠けている、また他人を批評することに精力を傾け、自分の地位・立場を引き上げる行為を非常に好む人がいる。 しかし私は事実に基づき、責任の範囲内で正しく行動するべきだと思うし、精力を映画作りに傾けることが最も有益な事ではないだろうか?」
 という声明を出した。

 初めて発表した声明は極めて慎重

  向太は “明报周刊” の取材で周星驰の過去のいさかいなどをむし返し、「王晶はかつて公開発表会に出席してもらう為に周星驰にひたすら頼み込んだ」などを例に挙げた。その後マスコミもまた続けて昔の長年の仲間が吴孟达,罗家英が周星驰に向けた胸いっぱいの不平や恨み事や、契約していた俳優黄圣依の公開裏切りなど長く蓄えた古い話をむし返した。
 
 昨日、香港映画祭前主席・文隽のコラムには周星驰の人格から作品を作り出す能力にまで言及し、「周星驰の時代はすでに過ぎ去った。香港映画界の時代遅れ人物だ」と称した。
久しく作品を発表していない周星驰は前後から敵に攻撃され、孤立状態に陥り、数々の言論・批評に昨日まで沈黙を保って来たが、ようやく経営陣サイドの魏达森を通し短い声明を発表した。周星驰本人の声明は短いが、なんども注意深く語句を選択し、幾度かの修正を経ていることや、周星驰はずっと低調で控え目に事に対処して来た、論争や争いを引き起こす意向は無いという魏达森の説明からも周星驰の言動が十分理解できる。
 
 今回の “集中砲火” の幾つかは全く根拠がない。あるニュースは周星驰が「他の映画会社の招待を拒絶し、更に多くの怨恨を引き起こした」としている。
これに対して魏达森は「この事に関して事情を知っている訳ではないし、当時のいさかいを掘り起こしても意義が無い」と言及した。
 今回の連日の攻撃に対する周星驰の沈黙や控え目な行動はメディアの先導とは裏腹に多くの人気を集め、多くのファンからは「周星驰は芸術家だ、天才はいつも孤独なものだ」と称された。

 会社の危機を否定、新作の減少はクオリティー向上の為

 周星驰は俳優としてのイメージダウンだけでなく、久しく作品を発表していない事から所属する星辉公司の俳優の続けて契約解除、会社の解散の可能性も伝えられた。星辉公司は一年の間に続けて7人の俳優の契約を解除し、去年は周星驰と14年間にも渡って協力してきた俳優仲間・田启文も俳優業からの転職を表明した。この事からも会社に対する憶測が言いはやされた。田启文は以前マスコミに対して「2000年から8年間契約を続けたが、撮影などの仕事が少なく契約更新をしない事を余儀なくされた」と発表した。
 しかし昨日、田启文は周星驰との亀裂を否定し、文隽の発表に対し「周星驰はまだ非常に大きな市場を保有している、周星驰が新作の映画撮影を始め、私がまた参加できるのなら私は彼の下に戻る。周星驰が他の人に対してどうであれ、私に対してはまだ人情がある」 との立場を示した。

 星辉公司が経営危機に直面しているかどうかの問いに対し、魏达森はリラックスした面持ちで「前作の「长江7号」は称賛からも収益からも成功を収めた。現在周星驰は作品のクオリティー追及にとても重点を置いているので作品数が少ないのも自然なことだ」と返答し、また会社に所属する俳優の前途不安説について「周星驰の主演作品に出演できるよう手配するだけではなく、その他の機会も探している」とし、张雨绮を例に挙げ「长江7号」の後、彼女はテレビドラマ「 少林」を撮影、去年は映画作品「女人不坏」がある。
星辉公司の状況は正常で、外部の人間の推測に取り合う必要はないと言及した。  


       チャウシンチー関連DVD検索 

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。