スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国語は難しい? 

 月日の立つのは早いもので早くも8月になろうとしております。今年の北京は異常に雨が多く、空が明るくても突然ドシャ降りになります。なにより落雷がおっかないです。雨が降っていなくてもいきなり「バン!!!!!」
という音とともに落雷が発生します。 音、光、伝わる範囲、どれをとってもすごいエネルギーがあるのでとても危険です。

さて、日々中国語を勉強されている方々、進み具合はいかがでしょうか?私は中国という環境にいながら、日々なにかと忙しいのであまり熱心に勉強しておりません。その結果、恥ずかしながら私の語学力はあまり高くないので毎日スタッフに頼りっぱなしです。今日から気持ちを入れ替え真面目に勉強します!!!(と思う・・・)

 中国語を勉強して行くと「慣用句」がとても多いのに気が付くと思います。「慣用句」はその国の価値観念、思考方式、風俗文化から発生するものなので中国の様な「言語崇拝」の色濃い国では自然なことかもしれません。

 留学生が大學や語学学校で中級、高級レベルになると必要になってくるのが「習慣用語」のクラス。しかし選択性の場合受講せずHSK対策クラスを選択する生徒も多いです。
 
 語学能力を示すには語学試験(HSK・英検などなど)で高いスコアを取得することはとても大事ですが、実際の現場ではコミュニケーション能力が要求されます。「慣用句」自体はそれほど難しいものではありませんが、知らないと意味が分かりません。HSKで高いスコアを取得したとしても「習慣用語」を学んでいないとコミュニケーション能力にはかなり問題があります。

 下の本は多く使用されている教材の一つです。 中級、高級レベルの方は「習慣用語」を学ぶことをお勧めします。

jiaocai
北京語言大學出版社 漢語口語習慣用語教程 定価31.00元
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。