スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武術の姿勢

下の写真はいわゆる站桩zhan zhuang(タントウ)の姿勢です。陳式太極拳はもちろんあらゆる中国武術の基本鍛錬姿勢ですね。

各武術によって形に違いがあり、また種類も多様です。特に意拳(大成拳)で非常に重視されています。陳式太極拳ではあまり指導しない事もありますが、各先生・老師など指導者の方針次第ですので、習っていないと言っても大きな問題ではありません。重要なのは「腰を反らさない」と言う事です。いかなる動作も腰が反ってしまってはいけません。

基本的には足を肩幅に開き、膝とつま先の位置を合わせます。尾てい骨・脊椎から首に至るまで真っすぐ、またはやや逆弓に保ちます。(腕も大きくゆったり輪を作ったり打撃の姿勢など様々です)

この時、写真の様に腰が弓なりに沿っている人が多い様です。

  「胸を張ってきおつけした時」
  「女性モデルの胸や腰を強調する姿勢」
  「大柄な欧米人の自然な姿勢」

などで頻繁に目にします。この姿勢は非常に腰に負担が掛かります。たしかに美しい女性が体のラインを強調する時にとる姿勢はとても美しいですが、人体力学上正しい(自然)ではありません。少なくとも「武術」的な観点では間違いです。つまり「力・技」を発生させる、また「相手の力を感じる・受ける・かわす」などに非常に不利な姿勢です。自然な「立ち姿」だけである程度鍛錬できているかどうかは判断できます。

站桩の目的は丹田・呼吸・姿勢・バランス・イメージトレーニング・足全体のトレーニングなどさまざまです。站桩を始めたばかりの頃は腰を矯正するととても疲れますが、次第に正しい姿勢が身に付きます。イメージとしては

  「尾てい骨からそのまま尻尾があり、それを股の下から前に引き出す」

感じです。腰痛の原因となる曲がった姿勢を強制でき、正しく保つのに必要な筋肉も付いてきます。

120.png


上の写真(膝とつま先の位置をそろえる)は見ただけでは楽なようですが、正しい姿勢で行うと非常に疲れます。特にふくらはぎと反対側(向こうずね・弁慶の泣き所)に負担が掛かります。この站桩で抓地zhua di(地面を掴むという意)を鍛錬します。

ただ「足の指のみでがっしり地面を掴む」ということだけではなく、足の裏・足首の力・バランスを養います。これを数カ月~続けると写真の様にふくらはぎと反対側(向こうずね・弁慶の泣き所)に筋肉が付いてきます。 これは武術では必要不可欠な基本的な筋肉です。

121.png
向こうずねの筋肉(あんまりたいしたことないですけど・・・)

また正しい姿勢で腹式・逆腹式などをしっかり鍛錬すると早くて2~3か月ほどで胃腸は活発になるなどの変化を感じることができます。
(ただアフリカ系・オセアニアの島国などの非常に下半身の大きな民族の方にとっては良く解りません)
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。