スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒と武術(酔拳ではありませんよ)

 以外と冗談と思う人がいるかもしれませんが、老師から武術の奥儀を聞きだす最も便利な ツールはずばり「酒」です。 特に中国では酒を交わす行為はあらゆる分野で非常に重要視されています。(お酒の飲まれない方ははっきり断りましょう)

 だんだんアルコールが体を包み込み武術への情熱が具現化してくると、普段では聞くことのできない貴重は話や新しい鍛練内容の相談、新しい技を教えていただくという「約束」を取り付けやすくなります。  


115.png 
酒が回ってきた仲間たち

老師・兄弟子・弟弟子・生徒たちとレストランへ行けば当然話題はすべて武術です。酒が入るにつれてテーブルの周りは非常に騒がしくなります。関節技の理論・打撃に 有効な体の部位・鍛練方法・推手・理論のウンチク合戦・武勇伝など最初は静かに話し合いますが、徐々にボルテージがあがり実際に技の掛け合いになり、トイレに一緒にいっても 相変わらず武術のことばかり。(中国のレストランはとにかくどこでもメチャクチャ賑やかなので大声でないと聞こえないことが多い)  


116.png
技を伝授?されている最中です・・・

東北人は二锅头`(er guo tou)というメチャクチャ強い白酒を好んでよく飲む。小瓶を通は小二(xiao er) と言います。 アルコールが50度以上ありはっきり言って消毒液の様な匂いしかしないので私は飲みません。

117.png

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。