スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

发劲(ハッケイ)の鍛錬は要注意

 外は人が多い割には公園が少なく、鍛錬出来るスペースがないので自主鍛練は大体部屋の中で行っています。套路・単式・推手・靠(体当たり)の鍛練はずっとしているのですが、なんとなく发劲(ハッケイ)の鍛練は以前よりは激しくしなくなったので(言い訳ですが・・・)先日久しぶりに気合いを入れて30~40分ほど打ちまくりました。体の状態を確認しながら鍛練したのですが、やっぱり日々の鍛練を怠っていた為、強烈に体の内部を痛めました。次の日の夜は寝るのも苦しく2日ほどは体を動かすととにかく激痛がはしるので大変でした。

 李老師から以前になんども
  
   「1日鍛練をサボったら、1週間ほど鍛錬しない様なものだ、鍛錬で怪我をしたら全く意味がない。特に发劲(ハッケイ)の鍛練は注意して徐々に体を慣らさないとだめだ。肋膜炎(胸膜炎)にる可能性がある。」

 と言われたのを思い出した。4年ほど前も体の内部を激しく痛めて10日ほど激痛がはしり鍛練が出来なかったことがある。また後頭部がキ~~~~ンとなることも多い。(これは正常です)みっちり準備運動してから徐々に体を慣らしてから打ちましょう。また少しでも体の内部に痛みを感じたら中止しましょう。

 いろいろ調べてみたのですが、肋膜炎(胸膜炎)とは簡単に説明すると胸膜に炎症がおこり胸水のたまる疾患の様です。他発性と自発性があるようで前者の場合、胸部・背部の打撲、慢性疲労時の腕を中心とした過度の力仕事・トレーニング、器械体操などにより発症する可能性がある様です。いわゆるオーバートレーニング症候群に分類されるものだと思います。スポーツ医学関係の資料には分類されていないものもありはっきりは解りません。
また医学関係資料にもあまり他発性の肋膜炎(胸膜炎)について言及しているものはほとんどありませんでした。

 単純に「发劲鍛練後、胸部に痛みがあれば胸水が溜まっている」というものではありません。内部が痛むというのはどうも胸壁=胸郭(胸部の内臓を守る働きのある胸郭を形作る肋骨の上下・間を覆う筋肉で外肋間筋・内肋間筋・横隔膜などの筋肉)を傷めるという事のようで いわゆる筋肉痛です準備運動を怠ったり年齢にそぐわない激しいねじりを入れた運動などで痛める肋間筋挫傷もあります。


124.png
呼吸器系の筋肉図(医学栏から)


 痛みはとても鋭く、ひどく痛めると体をベットから起こす・鼻を強くすするなどでも激痛が走ります。最初は胸部全体が痛いような気がしていたのですが、指で痛みのある部位を押さえてみると痛みのある部位がとても狭くピンポイントでした。押さえてみると少し痛みが和らぎました。(中国医学資料に書いてありました)

 发劲の体の使い方はおそらく中国武術の伝統拳でも学んでいないかぎり理解できないと思います。なぜなら发劲に使用される人体用法・理論はその他の格闘技とは明らかに違いが見られるからです。私は武術研究家ではありませんのではっきり分りませんが、陳式太極拳・意拳(大成拳)・形意拳・八極拳・三皇炮捶・真意六合拳など丹田で練ったものを単発的にドンッと炸裂させるタイプの武術は負担が大きい様な気がします。素早い動きと手数で相手を翻弄するタイプの武術では理論が多少異なります。
 
 少なくとも中国武術を鍛練している者として「丹田から気を発する」という理論は理解しているつもりですので、「丹田で気を練る・圧力を高める」ということは解ります。しかし生理学上、丹田に呼吸器が備わっている訳ではないので、当然呼吸器官に負担が掛かります。また打ち出す速度がとても速いので未熟な状態だとその他の筋肉・関節を痛めてしまいます。

123.png
丹田(いわゆる下っ腹です) これはちょっと解かりにくい・・・
 

後者の自発性の肋膜炎(胸膜炎)の場合は肺疾患・結核性・癌性・ウイルス性などの病気で、胸の痛みや咳・痰・呼吸困難・激しい動悸・発熱・悪寒・倦怠感などの症状がある様です。

注;胸壁の筋肉痛なら問題ありませんという訳ではありません。上記の内容は私の体験と少し医学書を読んだ程度なので極めて主観的です。基本的に肋膜炎(胸膜炎)はいろんな症状・病気を併発・合併症を引き起こす要素があるという事ですので、不自然な痛みがあれば病院に行くべきだと思います。また鍛錬前はみっちり準備運動をしましょう。 

参考資料:ヘルスクリニック
       医学の革命書 
       上半身の筋肉の名称・名前 

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。