スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お部屋探しはOOOで その2

 知名度の高い不動産屋は5~6社あるが、サービス内容、家賃は結構違うことがある。なにより中国で注意しなければいけないのは、詐欺がすごく多いということ。別に外国人あいてばかりではない。特にこの時期(大學の卒業式前後)は詐欺にとっては稼ぎ時。

 最近中国人の友人も騙されてしまった。部屋を見るのに事務所へは一度も行かず、外でスタッフと待ち合わせた。部屋を見る前に手数料が必要と言われたので支払うといつの間にかスタッフは消えてしまい、電話には当然出ない。不動産屋に行くと

  「そんな奴此処にはいない。」

 との一点張り。さらに領収をもらっていないので何も証拠がない。小さな規模の半合法の不動産仲介業者は平気でこの様なことをする。

 そんなことに騙されるの? と思わないほうがいい。地方と北京の法律や常識には違いがあり、地方出身者はつい信じてしまうのだ。 


画像 214

 
 私もあまり鋭い方ではないので、部屋探しは古今武術店のスタッフに任している。以前の事務所もスタッフに任して部屋を借りたのだが、とにかく不動産屋の態度は悪い。半年程前だが、部屋を借りて3ヶ月ほど経過した後、突然不動産屋から電話が掛かってきた。

   「私はあまり関知していないのでスタッフの電話してくれ。」

 と言うとすごい汚い早口言葉で

   「00月分の?@&%まだ支払ってないだろ。&%$#が間に合わないから今すぐ&%$#を支払ってくれ。さもないと法律の!”#$%で大変だ。いまクレジットカードあるか?」

 とか何とか言われた。この不動産屋は確かに契約書を交わした時の野郎だ。外国人に対してわざと早口でまくし立て金を取る手口は中国では当たり前。支払ってしまった領収のないお金は絶対戻らない。この様な手口は中国語の教科書でも紹介されている。いわゆるかれらの基本手口だ。

 当然スタッフがその不動産屋に電話をして事情を聞くと

   「はぁ? なんのこと?」 

 ととぼける。しかしこの様なことであまり怒ってはいけない。中国の常識と思った方がいい。
相手にはあまり悪気が無いし、証拠もない。

部屋を返すときは更にすごい。 電話にずっと出なかった挙句、突然更新の3日前に電話を掛けてきて

   「更新しないなら2日以内に部屋を出てくれ」

 と告知してくる。抗議すると

   「なんだてめえ、契約書読んで無えのかよ! 更新しろや!」 

 とかなんとか言ってくる。腹が立って不動産屋に行くと

    「はぁ? 俺はそんなこと言ってないよ?」 

 とまたとぼける。あと一日しかないので彼らは更新するだろうと思ったに違いない。が私はスタッフと共にすばやく引越ししたのだ。復讐として大便を流さずにそのまんまで出てやった。おいらを怒らせると怖いのだ。
 
 鍵を不動産屋に返すとき野郎の顔色を窺ったが、すでに習慣化しているようだ。スタッフは怒ってまくし立てていたが、彼らは罵られるのに慣れている。馬の耳に念仏だ。

 知名度が高い不動産屋だからといって安心しない方がいいし、高いレベルの中国語能力が無い限り、一人で行くべきではない。私はまだだめです。

 この不動産屋は北京の中天置地と言います。規模は結構大きいですが、悪名も大きいです。


関連記事:お部屋探しはOOOで その1




テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。