スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイカ王国中国 

xigua
  自分の頭より大きいスイカを一息で食い尽くすスタッフ1


 夏の中国の風物詩の一つといえばやはりスイカでしょう。とにかく街のいたるところで売っている。 そんないたるところでみんなスイカを食べている。 スイカを運ぶのによく馬車が使われるが、馬たちもスイカをモシャモシャ食べている。 価格はさまざまで比較的大きなスーパーで買うと品質が良いので大体1kg300円くらい、露天で買うと大体1kg60円くらい。

 いったいどこから運んでくるのか知らないがとにかく多い。実家で母が無農薬スイカを趣味で育てているが、野良仕事を手伝った時によく
 
   「スイカを育てるのは簡単じゃないよぅ」

 と言っていたのを覚えている。 なかなか中国のスイカ育ては進んでいるようだ。もちろん農薬規制はほとんどフリーなのであまり手をかける必要が無いのかも知れない。農薬にうるさい人は大手スーパーで野菜を買う傾向が最近ではどんどん顕著になってきている。アパートの入り口でたむろしているオバサン軍団からも
 
   「多少は高いけど大手スーパーで肉や野菜は買うんだよ!! あんた特に日本人なんだから農薬になれてないでしょ!! すぐ下痢するんだから・・・」

 とかなんとか豪快なアドバイスを受け取る。なぜ私が下痢になることを知っているのだろうか?
しかし露天で買うととにかく野菜が安いので露天で買うことが多いのだ。

 
 さて、スイカの話に戻るが、私は実は中国のスイカが食べれない。あまり甘くないものが多いのだがそれが理由ではない。 

 スイカの水分はとても多いがどうもその ”水” が体に合わない。 なんどか試したのだが必ず下痢になる。 中国の水はとても硬質なので直接飲むことは出来ないのはご存知の通り。そのスイカが吸収した”水”が体に合わないのだ。 体のデリケートな人はうがいをした後のわずかな生水でも下痢になる。 ちなみに中国で味わう下痢は日本のそれとは明らかに症状が違うのですぐに分かります。
 
 もちろん比較的頑丈な人はなんともありません。
 
 私がスイカを食べれないのを知りながら、また今日スタッフがスイカをニコニコしながら買ってきた。 
 
   「あんたは食べなくていいもんねぇ~」 

 とかなんとか言いながら別のスタッフとシャクシャク言いながらスイカを食べていた。スタッフが帰った後冷蔵庫を開けると四分の一がヒンヤリと程よく冷えていた。 最近の北京はとにかく暑いのであまり食欲がなく元気が無い。そんな時ヒンヤリしたスイカを食べたくなるでしょう?

 その夜、やっぱり下痢になりました。

xigua2
 露店のスイカ屋さん。 とにかくみんなよく食べる。

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。