スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海で新築13階建てアパートが倒れる

 
 2009年6月27日午前5時30分ごろ、上海闵行区莲花南路近罗阳路 「莲花河畔景苑」 小区にて13階建ての新築アパート全体が倒れる事故があり工事関係者一人が死亡しました。幸い落成・居住にいたる段階前だった為住民の死亡者・負傷者はありませんでした。

shigudidian.jpg

 中国はテレビのニュース番組が少ないうえ、ほとんどが文化・国家・経済活動に充てられる為、このようなマイナス面を報道する機会が少ない。上海电视台(上海テレビ局)ではほとんど報道されておらず、総合ニュース番組で15秒ほどで紹介されるのみ。テレビのニュースから詳細を把握できる可能性はないので、基本的には新聞・ネットで調べるしかない。(ネットでは主観的な記事も多いため正確な情報は入手しにくいです)

daota2.jpg
凤凰网から

 現在、上海市による調査・現場検証中ですが、現段階で専門家・関係者・同業者などからいくつかの可能性が挙げられています。

 1:施工会社の偷工减料(建築材料・手順をごまかす手抜き建築)

 2:地下駐車場の堀過ぎ
   今回倒れたアパートの南側の地下には地下駐車場を建設中で、周囲の洪水・増水防止壁に使用する残土はすべて地下から掘り出した土だった為、建物の片方の基礎が不安定になったのではないか?

 3:洪水・増水防止壁の重量が重すぎて地盤沈下

 4:アパートの基礎施工に問題があった
   今回の事故現場は流砂(河川の底・周囲の堆積する砂)が上海の重点地区に該当していた為、頑丈な基礎施工を施さないと建物が傾く現象が現れやすい。

daota.jpg
凤凰网から 


 今回の小区(集合住宅区画・団地)ではすでに489室の部屋が販売・契約されており、2010年5月に居住開始の予定でした。上海は国際貿易都市としてはもちろん2010年5月開催の上海万博重要などで不動産は常に高騰を続けており、今回の物件では18,000人民元/m2(約270,000円/m2)まで高騰しています。

 今回の事故発生後、団地の所有者たち・倒れたアパートの部屋主たちはキャンセルを不動産・仲介に要求するため殺到しているが、契約条項の保障内容が曖昧な上、事故の責任問題などから上海市の調査後説明会を開き、賠償問題・その他の建物の安全性を保証する見通し。


テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

元気になローソン

 都市部にはいろんなコンビニが進出してきております。日系の場合当然、陳列されている商品は中国の物と比べれば高い物ばかりですが、実はほとんどの商品は関税+コストが掛かっているので日本よりも高いです。カップラーメンなどは5~15%増しの値段です。(直輸入百貨店なども)


P1080727.jpg
 ローソンのお弁当です、味は中国風に辛口です。おそらく日本人のお客さんが多くを占めていると思います。頼めばちゃんとレンジで温めてくれます。めちゃくちゃ中途半端に温めた弁当を無言で「ボトンッ!」とレジに置いたりと、やはりサービスが意外とガサツなのですが慣れてくるとその方が面白い。


P1080724.jpg
 これで140円ほどなのでとても助かる。中国にも配達弁当屋があるが、上海は味付けがなぜかすごく塩辛いので止めた。


 毎日同じものばかり食べるのも飽きてくるし、自分で作るのも面倒なこともありますよね。昼ごはん時間にはいろいろ探し回るのだが、いわゆる「弁当」というものは中国ではあまりない。あっても種類が少ない。
基本的に中国では「外食」が安いので朝・昼共に外で食事をする人が多いことから、日本の様な需要は無い様な気がする。

 しかし素材・商品などは他の都市と同じ物でも上海では値段が高いし料理の量もすごく少ないので私は外食をよく控える。日本の様に愛妻弁当を携える人も結構いるようだ。 

 上海は「物価が高い」という事に「誇り・流行」を感じているように思う時がある。

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

上海バスの真実

 今日、地元の友人達からとても興味深い話を聞きました。

 以前「上海ネコバス」という記事で上海バスの運転手の態度がとても悪いと書きました。(中国はどこでもそうですが・・・)確かに運転は荒いし、道を尋ねても無視するし、お札で支払おうとするととても不機嫌な顔をしますが、どうも誤解もあるようです。

 中国での「バス運転手」という職業は日本の様に厳しい面接・ある程度の学力基準があるわけではありません(もちろん日本もバス会社によってさまざまですが)特に都市部で安定した仕事を確保するのは、ある程度の学歴がある人以外ではなかなか容易なことではありませんので、それ以外の方にとっては人気の高い職業の一つです。

 つまり「バスの運転手」は学歴を持った人ではなく、さまざまな理由でいろいろな仕事(露天での違法商品販売・現場での低賃金労働・雑仕事・スリなど)など厳しい条件下で生活してきている方も少なくないという事です。という事はいままで生活して来た環境から目つき・動き・顔からだれがスリなのか判断する事ができる方も多いという事です。


xiaotou22.jpg
参考資料:网警告から  これは実際に携帯で撮影したもののようです。


 しかしバスの中に入ってきた客の中にその「スリ」と思われる人がいても、現場を目撃しているわけではないので直接声を掛けることはできません。しかし実はバスの中で「スリ現場を目撃」したとしても直接声をかけることはないそうです。なぜなら必ず報復されるからです。バスの運転手がよく大声で

  「おいおい後ろが空いてるだろうが!!どんどん入れや!!」

と叫ぶ事がありますが、この場合その団子の誰かの後ろまたは仲間のスリがバスの中にあらかじめいる可能性が非常に高いそうです。さらに一人ではなく複数の場合が多いそうです。(場合によっては10人ほどもいるそうです)
地元の人たちはこの運転手の暗黙の警告である程度警戒を強めるようです。スリによっては長い箸やピンセットを使いますのでなかなか気付きにくいです。 

xiaotou11.jpg
参考資料:网警告から 長いピンセットで携帯や財布を挟みだす


 また特に中国人は面倒に巻き込まれる事を非常に嫌いますので、目の前でスリ現場を目撃しても、騒動している人がいても注意を促したりスリに声を掛ける事はほとんどありません。またその場で捕まえても周りに仲間がいるので非常に危険だという事です。スリ集団の中には護衛役がいますので、その場で捕まえたり、叫んだり・通報しようとしてもその場で囲まれて殴られるなど非常に危険だという事です。後で警察に通報する場合も現行犯でなければ立件が難しく、さらに持ち物が戻ってくる可能性はありません。

 カバンに手を入れられたりしたのに気が付いてもだまって移動するか、カバンの蓋を手でガードする事が大事です。騒いだり・声を掛けたりしてはいけません。無理やり奪おうとする事はとても稀だという事です。つまり中国では事実上「隙を見せないようにする事」しか最良の方法はありません。

 実は私、3年ほど前に北京の古い繁華街でカバンのチャックを思いっきり分かる感じで堂々と開けられ、手を入れられた事があります。にらみ返してやったのですが、6人にニヤニヤ笑いながらずっと付いてこられました。武力には自信がありましたが正直言って怖かったです。

関連記事: カバンに鍵をかけましょう その1
        カバンに鍵をかけましょう その2

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

お~~い、YOU TUBE

 日本の皆さま、YOU TUBEを楽しまれてますでしょうか?
こちら中国では2009年3月24日ごろから相変わらずアクセスできない状態が続いております。 GOOGLEアメリカやCNNニュースを検索してみても近況を報告している記事がなかった。基本的に動画共有サイトは商用での使用者が少数のためみんな静かにしているのだろうか?
youtube4.jpg


 2008年にも一時的なフィルタリングがあったばかりなのに・・・。 アメリカ経済が傾いているときに動画共有サービスごときで中国と揉めるべきでないとの判断だろうか? アメリカのブログにはGOOGLEのYOU TUBE管理サーバーに問題が発生しているとの GOOGLE関係者からの報告があり解決を急いでいるとか、一部のサーバーではアクセス可能だとか、ほんとかぁ、それ?


関連記事:中国依然YOU TUBEを遮断
       中国国内からのYOU TUBE接続が切断
          

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

发劲(ハッケイ理論)

 陳氏18世 陳式太極拳10代伝人 陳照奎宗師 ⇒ 陳式太極拳11代伝人 馬虹老師 ⇒ 陳式太極拳12代伝人 李力民老師と伝わっている陳式太極拳理論の一つで私もなんども李老師から指導・説明を受けています。

 发劲とは全身の力・緊張を適度に抜くという前提の下、大脳から伝わる指令により丹田に蓄えられた力を爆発させ、腰・脊椎を中心として螺旋形式で弾き出される力を全身の力に移行し、打撃に使用する部位の根元から順に力を伝え、打撃する一点に力を集中させる一種の爆発力です。特に肩・胸は力が入りやすいので力を抜く事が大事です。いわゆる中国武術で寸劲や 一格灵と呼ばれるものと同質のものです。

陳照奎宗師は

  「ロバが泥浴びなどをした後、立ち上がり全身を震わせ体に付いた泥・埃をふるい落とす時の、とても体の力を抜いた状態から突然全身を弾かれたように震わせる状態」

  「ゼンマイ(時計)などを巻き上げコントロールを失うと突然爆発的な力を発生させる状態」

 という表現で发劲を説明したようです。



122.png
ロバと言う表現がすごくリアルだと思います


注:发劲は打撃のみではありませんしこのほかにもいくつも理論・用法があります。上記は代表的で解りやすく実用的に表現しております。私の表現力は高くありませんが、さらに日本語では適切な部位表現・武術表現が少ないので結構細かい理論が簡略されてしまいます。また意外と意味が飛躍して誤解を招く可能性がある為、あまり抽象的・専門的な理論・中国武術哲学の使用を控えてます。

参考資料:陈式太极拳体用图解 (北京体育大学出版社)
陈式太极拳拳理拳法(北京体育大学出版社)

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

最新記事
カテゴリメニュー
最新コメント
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
アジア旅行・留学・出張・駐在での体験ログです

お役立ちサイト
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。